高血圧になってしまったら│食事から高血圧を改善する

食事の宅配を利用する

高血圧になってしまった場合、日々自身で塩分を意識して食生活を送るのは難しいものです。外食などは塩分も高くなっているものが多くあるため、自炊をしない方などは更に大変です。そういった時は、食事の宅配サービスを検討してみましょう。

食事の塩分量に気をつける

食事

加齢によって人口が増えていくといわれている生活習慣病ですが、昨今は食生活も欧米化してきていて、肥満や高血圧は現代に生きる人達の身近な存在となってしまっています。こうした生活習慣病は食生活からくるものなども多いため、高血圧の方は食事を気にしなければいけません。選定のポイントとしては、まず減塩を心掛ける必要があります。食塩を取りすぎてしまうと、血液中に食塩に含まれているナトリウムが溜まってしまい、水分がこれを調整しようとするために循環血液量が増加してしまいます。そのため、血圧が上がってしまうのです。1日に必要な塩分量は6g未満程度とされていますが、一般的に日本人の平均的な塩分摂取量は11~12gといわれています。実に倍近くの塩分を摂取していることになります。これを減らすためには、日々減塩を心がけていく必要があります。しかし食品などの成分表を見てみると、塩分はナトリウムと記載されている場合も多くあります。ナトリウムだと記載されている量に2.54を掛けて計算しなければならなくなるため、正確な塩分を把握するために計算する必要が出てきてしまいます。この計算を面倒に感じてしまう方は、食塩相当量としてナトリウムの横に記載されているものを選ぶようにしていくことで、塩分に気をつけながら食品を選ぶことができます。普段見落としがちな成分表ですが、何気ない食品の中にも塩分は含まれているものです。しっかりとチェックをしていくことが高血圧を改善することに繋がるでしょう。

弁当

高血圧で気をつけること

常人より常に血液が高い状態を保たれた状態になっていることを高血圧といいます。高血圧になると減塩なども大切ですが、あわせて血圧を下げる食べ物などを多く摂取すると効果的です。また、過度にたんぱく質や脂質を避けすぎないようにしましょう。

和食

高血圧

高血圧を改善させるのは、食事以外にも飲み物から血圧を下げる事が出来ます。 牛乳やコーヒーなどを毎日適切量摂取するようにしていくことで、食事とあわせて血圧を下げていくことができます。