高血圧になってしまったら│食事から高血圧を改善する

高血圧で気をつけること

弁当

一般的に高血圧とは、正常な状態よりも高い血圧が常に持続してしまっている状態の事を指します。最高血圧が120mmHG未満で正常値とされていて、最高血圧が140mmHGと診断されてしまうと、高血圧ということになります。こうした高血圧を予防するのには減塩を意識していくことが大切ですが、それ以外にも血圧を下げる成分について意識をしていくことが早く改善するためには大切になってきます。たとえば、カリウムなどは血圧を下げる効果があるとされているため、カリウムが多く含まれる野菜類、たとえばパセリや里芋などを意識して摂取していくといいでしょう。他にも海藻類にもカリウムは多く含まれているため、こんぶやわかめなどの海藻類を摂取するように心がけていくと効果的です。また、高血圧などの生活習慣病は他の生活習慣病が合併してしまっている可能性なども少なくはありません。高血圧と同時に肥満になってしまっているといった事なども充分にありえます。そのため、あわせてカロリーなども考えながら食事をしていくといいでしょう。かといって脂質やたんぱく質を抑えすぎてしまうと、身体にエネルギーが足りなくなってしまいます。脂質やたんぱく質は身体を動かす重要なエネルギー減となるため、必要量の摂取を行わないことで身体に思わぬ不調などが出てしまう可能性があります。過度なダイエットなどで体調不良になる場合なども、この脂質やたんぱく質を適切に取得していないことがほとんどです。過度に取りすぎず適切量を守って摂取することで、健康な身体作りができますので、適切な食事を心掛けるようにしましょう。